歪な夢のカケラ

Everything is gonna be all right

はじめの一歩

以前ブログを書いていた。

いつからか書かなくなった。

そんなことを繰り返してこれが4度目。

3度目の正直とはよく聞くものだけど今回ばかりはどうなるのか自分でもわからない。

一年半前に最終更新をしてから放置しているブログに関しては、そこで仲良くなった方も沢山いるので消せず放置してある。

見つからないことを願うばかり。

いや、見つかっても構わないんだけど

「(ノ∀`)タハー!!一年半前はこんなこと書いてたのか!」

って恥ずかしくなるから見つかりたくないだけ。

私も検索しないし目に触れないようにしてる。

それでいい。

過去はそれでいい。



ブログ名にもなっている

「歪な夢のカケラ

は、ピカダブの歌詞から。

私の性格からどうも歌詞の一部をタイトルにしたくなるらしい。

いちいち考える手間も省けるしなんかそれっぽくなるからこのままで。

ちなみにサブタイの英文は「素晴らしき世界」から。

これに関しては話すと長くなるから割愛するけど色々と思い入れのある言葉なので引用。

ありがとうJスト。


で。今回ブログを立ちあげようと思ったきっかけは正直特にない。

本当に特に理由が見当たらない。

GWも終わりに差し掛かる中、生活習慣もアホみたいに狂いまくった怠惰な生活の果ての最終着地点。

それが「またブログ書こうかな」だった。

ご存知の通りTwitterでは「暇だから」という救いようもない理由を片手に動画をあげまくってTLを荒らしまくっている。

自分でも漁りたくない。

っていうか上げるために自分でも目を通すから見飽きた。

何回同じところ繰り返すんだと思ったらvineだった。

それくらい見てる。

語彙力が低いのでTwitterでも無闇にテキトーなことも呟きかねる。

だけど日々溢れんばかりの嵐っていうか主に相葉雅紀に対する愛が止まらない。

正月から会ってないのに止まらない。

もうすぐ生存確認しないで半年も経つのにダダ漏れ

バイ。さすがにヤバイ。溢れてヤバイ。その他もヤバイ

何がヤバイって自分の年齢良く考えろよって所まで片足突っ込んでるからヤバイ

ハタチそこそこだからとかそういうおべんちゃらを抜きにしても同窓会で集まったいつものメンバー以外からも心配されるんだからやっぱりヤバイとこまで来てるなっていう自覚が出てくる。

生涯結婚しない宣言してるけどそれって出来ないんじゃなくてしないなのかしないんじゃなくて出来ないなのかでだいぶ趣旨が変わってくる。

頼むから前者であって欲しい。っていうかそのつもり。

結婚しない人生を歩みたいのには色々と訳があるけど第一に自分一人の時間が必要だから。

むしろ無いと困る。死んでも作る。

自分が嵐好きで何かと遠征したり家でVS嵐観たりコンサートDVD観たり雑誌切り抜いたりその誌面見て微笑したり思いを馳せたりそれはもう話しかけないで欲しい時間が相当出てくる訳。

進行形で一人暮らし最高もう抜け出せない。

やっぱり結婚しなくていいや。

だけどここで嵐に限らず他Gやもっと広い視野で見た時に必ずと言っていいほど出てくる「メンバーと結婚するなら誰がいいか」についてざっくり書いていく。

それに触れる前に「付き合うなら誰か」から触れていきたい。

ただの庶民のちょっと強火のファンっていうかオタクがアイドルに対して願望ぶちまける様子って絶対本人及び関係者見たらドン引きすると思うけど大体の人間(オタク)が通る道だから目を瞑って欲しい。

ここまで来てすっかり言いそびれていたけど私相葉雅紀さんのファンやってます。

相葉雅紀が絡むコンビには低燃費で萌えてます。

それを踏まえて付き合うなら「相葉雅紀

まぁ自担だし。

踏まえるも何もわかりやすく相葉雅紀

金髪の雅紀に落ちてからもう見た目がタイプ。

とりあえず細身で長身で手足が長くて薄くてくびれた腰がたまらん。

見た目がタイプってもう何しても許される。

全部可愛い全部きゅんきゅんする全部愛おしい。

とかく自担に甘々で激甘なんだから仕方ない。

中身だって有り得ないくらい女心くすぐってくる。

なんであんなに純粋なのか。天然なのか。抜けてるのか。可愛いのか。誰か教えて。

そのくせ闇抱えてる。

笑顔に裏に隠れた深すぎる闇。

何かもう触れちゃダメな一線を持ってる。

触れさせないバリアを張ってる。

結婚は・・・してもそのバリアを解いてくれなさそう。

悲しさを表に出さず隠して、誰にも見せずにボロボロになっていきそう。

それを隣で見るのは辛すぎる。

「頼ってよ」と声をかけても笑顔で「大丈夫だよ」って距離を取られそう。

それが「付き合うなら相葉雅紀」の回答。

続いて結婚するなら「松本潤

顔とかじゃない。もう中身。

いや。先に言っておくけど相葉雅紀を超える男は居ないと思ってる。

それを踏まえて潤くん。

時々出てくる末っ子な顔がいいんでしょうね・・・

しやがれでもやってるけどThis is MJ的なギラギラな感じがするんだけどゆるキャラと共演した途端の幼児みたいになる振り幅がたまらんのでしょーね。所謂ギャップ萌え。

私を迎えに来るのは白馬に乗った王子様♡なんて考えは微塵も無いけど潤くんは女の子を「1人の姫」として扱ってくれそう。

そして、結婚生活をしてく上でお互いが衝突しても時間をかけて柔軟に対応してくれそう。

最期は「あなたと一緒になれてよかった」と言い残しそう。

なんだそりゃ。

でもリアルにそんな雰囲気あるよ。

それが「結婚するなら松本潤」っていう回答。



一体何の話をしてるのか。

私もわからない。

オタクが一度は通る道を通ってみただけか。

私の話には起承転結の「起」しかない。まとまらない。

世の中で一番嫌いな四字熟語だわ。

それか四字漢字なら「体重減量」とか「糖質抑制」ね。

関係はないけど。

話がまとまらないので初回はここら辺で。

自分のブログの方向性見失ってるけど確実に「〇〇(ロケ地)行ってきました!」っていう写真付きの記事は書かないと思う。

行ったコンサートの事も書かないと思う。(ネタバレ備忘垢あるし)

雑誌、テレビ、その他スケジュールについても書かない。

ただ言えるのは、突然につらつらと一つの事象に対して熱く語ってるかと思いきやブレていく記事ばかりが増えていくということ。

語彙力無いんだけど書きたくなることがあると思うのね。

Twitterだと文字数限られてきちゃうから。

その吐き出しをする場所だと思ってます。自分が。

毎回書かないけどあくまで一個人の見解で物事を書いてます。

ここに目を留めた人が不快になるような事を書いていくことは無いです。

だけど思わぬ所で傷付けてしまったり不快な思いをさせてしまうことがあるかもしれない。

そういうことがあった時は匿名で構わないのでコメントを残して下されば幸いです。善処します。



約3000字の内容の無い初回記事に目を通してくださってありがとう。

いつまで続けていくのか分からないけどどうぞよろしく。