歪な夢のカケラ

Everything is gonna be all right

新しい冒険のはじまり

新しいことに挑戦する時って失敗したらどうしよう、間違えるかも、人に笑われるかもしれたい、なんて気持ちはナーバスに後ろ向きになる事がきっと多いはず。

いいんです、それでも。

人は必ず失敗をするから。

その失敗を恐れて何も行動しないか、失敗あるのみと前を見据えて行動をするか。

その違いだと思うんですよね。

 

ふと、一時期シングルのDVDにメイキングが付いてない時期があったことを思い出しました。

いつも見てたメイキングが無くなって。

ジャニショで公式写真買わないとわちゃわちゃは見れなくて。

あぁ、5人が遠のいてるなぁって寂しく感じてました。

本当に寂しかった、いつもあるものが突然なくなってしまう虚無感。

だけどハワイのメイキングで言った翔さんの

「仲良しはもういいかなって(ニュアンス)」

を聞いてあぁそういうことだったんだなって。

要するに仲の良さを売りにしてたグループだからそこから仲の良さっていう肩書きを消したらどうなるのかを探っていたんじゃないのかなって。

それでも収録内容発表前に初回予約して収録内容発表されて購入してやっぱりついてないよねってガクッとして。

それがいつの間にか・・・いいえ、15周年をキッカケにまたメイキングが付くようになって。

彼らの中じゃもう仲の良さに関しては吹っ切れたのかなぁって思います。

だから、自分たちから自分たちの代名詞でもある「仲の良さ」を引き算した結果を踏まえて「もう自分たちらしくいこう」ってメイキング付けたのかなぁ。なんて。

ある意味失敗からの経験。

必要とされてる、と感じられたのかも。需要の有無というか。

で、今回のアルバムのタイトル然り、ジャケ写然り楽しさ可愛さのアピール。

5人で寄って撮っててさ。

30過ぎのオッサンだよ?(語弊)

アイドルのキラキラを見せ付けられました。

キメにキメたジャケ写じゃない所が新鮮な気もする。

ジャケ写だからね、これ。

だからかもしれないけどやっぱり今までに無いことを、っていうスタンスが見えてるよなぁと思う訳です。

だから大丈夫。

未来はきっと輝いてる。

昨日とは違う今日が、素敵な未来がきっと待ってる。

旅路の困難に立ち向かい、挫けそうになったら違う道を探す。

家に帰るまでが遠足だと小学生の頃習ったはず。

最後まで彼ららしく走り抜けていくんだと勝手に想像してます。

いざ北の大地へ!

そこから始まるツアーの幕開け。

さぁ。新しい冒険のはじまりです。